<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

株分け 〈後編〉

使用する用土などの紹介、前編はこちら(⇒株分け 〈前編〉

分ける程大した内容ではありませんがなんとなく
それでは製作過程へ(参考資料w⇒大掃除完了!!


底鉢ネット
d0195001_729497.jpg

もっと大きくてもいいかも
これぐらいでもいけんべ?とケチって小さく切りすぎましたw


鉢底石(ミリオンA)
d0195001_7305310.jpg

他には軽石やゼオライトなど
量は結構少なめ


廃ソイル
d0195001_7342187.jpg

こちらも鉢底石が隠れる程度に薄めです


マグァンプK
d0195001_7352033.jpg

かなりきつい印象の肥料なのでこれも少なめ
のつもりですがこれでも入れすぎか少ないのか不明w


ピートモス
d0195001_737569.jpg

こちらはあまり他では見かけない?ので少しばかりオリジナリティを
ピートは酸性なので植物によっては弊害をきたすので注意
ミリオンAを入れているので多少は中和されるのもあるが

あと間違えて購入しましたが、使うなら長繊維がお勧め
(粉末状だと使いづらいし水はけも悪くなるからw)


株を入れる
d0195001_7421739.jpg

この上から更に軽くピートを入れましたが
その前に株入れてその上からピート入れた方が楽だったかも


混合用土
d0195001_7442772.jpg

上からフタ程度に入れて完成
ぶっちゃけピートは入れない方が無難w


うちでは主にクリプトに使用していこうと思っていますが
サトイモ類などでも前例はあるので多分大丈夫
d0195001_7521287.jpg

ということで同じ要領でピプトスパサ リドレィを株分け


株分け後
d0195001_7521893.jpg

他にはスキスマなどにも使用
今のところ、どれも調子は絶好調


現在ブセは無難に水苔だけでやってます
色々試して自分のところの環境に合う最適なものを探すのも楽しいもんです
今の所これで問題なく動きもあるので悪くはない感じ

----------------------------------------------------------------------------------
AQUA blog>>UNNATURAL AQUARIUM blogランキング>>にほんブログ村 花ブログ 観葉植物へにほんブログ村 花ブログ 水生植物へ
[PR]
by acidaqua2 | 2010-12-22 07:55 | ■雑記(育成関係)

株分け 〈前編〉

株分けしてみました
画像も微妙に多いので、ついでに記事も分けてみます


園芸でいうと仕立て直しっていうのでしょうか
せっかくなので鉢も同じ物に統一
d0195001_60471.jpg

黒鉢 硬質素焼き鉢 2.5号


用意したのはこちら
d0195001_5562718.jpg

①ミリオンA
②マグァンプK(中粒)
③鹿沼土
④桐生土
⑤ピートモス

そして今回使ってはいませんが、⑥水苔
現在ジュエル・オーキッドや間に合わせでブセ類に使用しています


あと以前に購入していた100均の底鉢ネット
d0195001_623570.jpg



鹿沼土
d0195001_6245144.jpg

水分を含むと黄色くなり、乾燥すると白くなるので土壌の乾燥が判断しやすい
肥料分をほとんど含まず、通気性・保水性が高い
注意点として、酸性に弱い植物には不向き


桐生土
d0195001_6244483.jpg

鉄分を多く含むので赤褐色をしており多孔質で通気性・保水性に優れている
鹿沼土や軽石など水はけの良いものと相性が良い


どちらも大・中・小の粒径に分けられているものも販売されているが
今回購入したのは混在したもので選別する必要がありますがそのまま使用(面倒だから)
あと画像は忘れましたが


マグァンプKについて

アメリカで開発された粒状の化学肥料で、用土に混ぜ元肥として使用
植物の生育に必要なマグネシウム、窒素(N)、リン酸(P)、カリ(K)成分が
バランス良く含まれており植物の初期生育を促す速効性成分と長期にわたって
少しずつ溶出する緩効性成分を合わせて含んでいる
雨や潅水による肥料成分の流亡が少なく、肥料焼けや根傷みの心配も少ない

マグァ(Mg)ン(N)プ(P)K(カリウム)ということらしいw


ミリオンAについて

植物に必要な16種の有効ミネラルや置換性塩基、水溶性珪酸を豊富に含む人畜無害の天然資材
土壌学では最重要視される粘土鉱物で珪酸塩白土は水質浄化、土質改善、腐敗防止、
静菌等の高機能性多目的応用面をもち、水腐れせず根腐れしにくい
表土に撒けばミネラル補給し、土壌中の水に浄化作用
この浄化作用で水栽培では水の替えが少なくなる
珪酸塩白土が流失しやすい肥料分を引きつけて貯蔵するので、無駄なく肥料を効かせる


という、ミリオンAなんて何でもこれ入れときゃいいんじゃね?って思うくらい
まるで夢のような万能商品ですね
園芸では結構メジャーなようですが、アクアリウムで色々と怪しいものも
多いからこういうのがちょっと胡散臭く感じるのは考えすぎでしょうかw


鹿沼土と桐生土は廃ソイルと一緒に混ぜてみました
d0195001_6443795.jpg

こんなのソイルだけでも十分育つけど、そこは趣味家の楽しみ
というナチュラさんの言葉通り、しっかり楽しんでやってみようと思います

----------------------------------------------------------------------------------
AQUA blog>>UNNATURAL AQUARIUM blogランキング>>にほんブログ村 花ブログ 観葉植物へにほんブログ村 花ブログ 水生植物へ
[PR]
by acidaqua2 | 2010-12-22 07:26 | ■雑記(育成関係)

Cryptocoryne dewitii ♯1

瓶に入ってるので見えませんね


Cryptocoryne dewitii
d0195001_5312861.jpg

クリプトコリネ デウィティ

パプアニューギニアのキウンガ地域で採取された大変稀少な(学術的に??)幻のクリプト。
まぁ僕の辿々しい説明よりもナチュラさんで詳細が載ってますので
気になる方はどうぞ!(⇒クリプトコリネ デウィティとは

ナチュラさん、絶賛の一押しクリプトで、勧められるがままに
凄まじい熱意に負けて購入してしまいましたw
勿論最終的に水上としても水中としても楽しめるというのが決め手でした
クリプト大好きの僕としてはこれはいかない訳にはいかない!

ある種の洗脳のようなものも感じましたがシンボルステータス的な感じで
持ってることにちょっと誇らしく思ってしまう、そんな一品です


こちらが購入した当初のもの
d0195001_5315320.jpg

特徴は丸葉でフチがギザギザ 増殖株の葉は細身になるようです
それはそれで格好良かったですけどね〜好みの問題かと
水中でも育成可能なようでショップにて確認済み。その時、偶然にも花が咲いていました。
水上では紫色した花を展開するようで非常に綺麗
でも見る人によっては毒々しいと受け取られるかもしれないw


ここで勇気を出して瓶から初めて取り出してみました
d0195001_533379.jpg

瓶のまま頂いてきたのでそのまま育成しています
中に入ってるのは長繊維ピートらしきものとか、その他諸々(というか知りません)
瓶は100均のものだそうです この瓶便利そうだしもっと欲しいな…w

店主から、そのままで育てた方がいいよ と言われたので素直にそのままです


新芽らしきものが!!
d0195001_536173.jpg

普段埋もれている部分なので気がつかなかった
成長は早く強健なようですが、うちではあんまりだな…
でも動きは少ないけどちゃんと成長してるんだなー
早く水中も入れてみたいので株分けしたいけど、この調子だとまだまだのようです


2010/11/04 "Natura"さんにて購入。

----------------------------------------------------------------------------------
AQUA blog>>UNNATURAL AQUARIUM blogランキング>>にほんブログ村 花ブログ 観葉植物へにほんブログ村 花ブログ 水生植物へ
[PR]
by acidaqua2 | 2010-12-20 07:45 | +dewitii

Cryptocoryne striolata Muarateweh ♯1

d0195001_9442982.jpg

Cryptocoryne striolata Muarateweh

クリプトコリネ ストリオラータ ムアラテウエ産

11月10日頃の画像で購入したのはSサイズ
もっと大きな株なら本来、葉っぱはもっと大きく縁が少しギザギザして
葉の模様(虎斑)もしっかり出て表面は凸凹のイカした葉っぱです
これからの成長に期待


一番大きな葉はうちに来てから出た新葉
d0195001_9481936.jpg

今までつるんとした葉しか出てなかったのにやっと凸凹葉が!
クリプトらしい雰囲気になって非常にイカス!


2ヶ月前 9月5日、購入した当時のもの
d0195001_9152351.jpg

このように株のまま頂いてきました

初めての葉っぱピプトスパサ リドレィと一緒に購入
水中でも育てることができる株ということでこれを選んだものの
現在、そのまま水上で育成しています

いや、だって何か葉っぱ始めたばっかなので嬉しかったし鉢で鑑賞したいなと…w
株分けできるくらいまで大きくなったらそのうち水中に入れてみようと思います

それで初めて鉢に入れる作業をしたのですが
なんともそんなこと初めてだし知識もなくどうすればいいのかわからないので適当に
持ち合せのソイル(プラチナソイル スーパーパウダー)を鉢に注ぎ
飼育水で浸したプラ水槽に入れ、ラップして腰水管理

後ほど知ったんですが、あまり細かいソイルだと段々締まってくるので
ある程度荒い(ノーマルの粒)方が良いようです…
それでも期間が短いこともあって特に問題はなく成長もすこぶる良かったです



最近の画像 少し前にですが仕立て直して鉢も変更
d0195001_8512816.jpg

大したことはしてませんが仕立て直しの様子などまた次回後述

このストリオラータ、聞くとアルカリ性寄りらしいのですが
酸性でも大丈夫だろうと安易な考えでピートなどを使ってしまった…
調子を崩したらすぐにでも変更しようと思っていたんですが。。。


唯一の凸凹葉に、あ、穴が…
d0195001_8512355.jpg

やはりまずかったのかと思いきや仕立て直してから新たに新葉展開中(紫っぽいクルクル)
ゆーっくりと、非常にゆっくりと

今までつるんとした葉しか出なかったのにこの新葉は少し縁がギザっぽく
凸凹な予感がします…単に株が大きくなってきたので本来の葉に近づいてきたのだろうか

とまぁ、これは良いのか悪いのか…曖昧な結果になりました
でも動いているし調子も悪くないんだろうと強引に納得させてそのまま様子見ます…w



2010/09/05 "Natura"さんにて購入。

----------------------------------------------------------------------------------
AQUA blog>>UNNATURAL AQUARIUM blogランキング>>にほんブログ村 花ブログ 観葉植物へにほんブログ村 花ブログ 水生植物へ
[PR]
by acidaqua2 | 2010-12-16 10:01 | +striolata Muarateweh

Schismatoglottis multiflora from Borneo Highland Malaysia ♯1

ん〜名前が長いな
d0195001_233164.jpg

Schismatoglottis multiflora from Borneo Highland Malaysia


スキスマトグロッティス マレーシア産 ボルネオ ハイランド
サトイモ科・スキスマトグロッティス属

購入した当初の画像で、現在は水上栽培にて腰水管理。
どこ便かはまだ聞いていないので不明です…w ボルネオ=TB便なんでしょうか

スキスマは他にも斑入りなどがあったり、イメージで特に強いのはライン入りのものとかかな
購入した株はいたって普通な感じの葉です
青々とした綺麗な緑ですが、やっぱり普通な感じは否めないw
スタンダードすぎる姿になんとなく興味が湧いて購入してしまった株です
なのでどこが魅力なのかあんまり説明もできない
しいて特徴をあげるならば、程よい凹凸のある葉かな…



ごめん、お前の良いとこうまく伝えられない



その10日後。新葉が展開しました
d0195001_2344747.jpg

とっても鮮やかな黄緑
このつるんつるんでツヤツヤで若々しく初々しいこの感じが大好き
やっぱり若い葉はいいなー って何か勘違いされそうですが葉っぱの話です


ただ最近はちょっと調子悪し
d0195001_2411584.jpg

それからはあまり動きがないのでちょっと寂しい


こんな感じで枯れた部分など
d0195001_2412049.jpg

鉢とかガラス面に触れてたりすると溶け易いのかな
なるべく他の植物の葉とも極力触れないようにしてますが
既に入れ物もいっぱいでもう飽和状態ですw


ホマロメナと比べてちょっと扱いが…記事の内容が薄いw
こちらはそのうちテラリウムとかにでも使いたいなと思ってます
まだやる気はないので単に思ってるだけです



2010/11/04 "Natura"さんにて購入。

----------------------------------------------------------------------------------
AQUA blog>>UNNATURAL AQUARIUM blogランキング>>にほんブログ村 花ブログ 観葉植物へにほんブログ村 花ブログ 水生植物へ
[PR]
by acidaqua2 | 2010-12-15 03:06 | +multiflora Borneo

Haworthia hyb. ”Kegani × Obu” ♯1

大してよく調べてないのですが購入したばかりということで
テンションも高めなので、さらっとご紹介

d0195001_958247.jpg

Haworthia hyb. ”Kegani × Obu”


ハオルチア ハイブリッド ”毛ガニ × オブツーサ”ってとこでしょうか…w
Keganiという種とObuの交配種って意味ですね
完全にこれも推測ですが棘が生えているのがKeganiの特徴
オブツーサは透明感のある綺麗な玉のようなのが特徴
ってまんますぎて説明になってないか

多肉では交配するのもまた魅力なのかもしれません
もっともどうやって交配するのかしりませんがw
増やすのは茎ごと差すようですが、よくまだわからんので
ちゃんと調べてからやってみたいと思います


ちょっと小さめらしいですが、これくらいが可愛いかも
d0195001_1011523.jpg

あとこの前に買った徒長したレイトニーですがやはり水のやり過ぎでしたw
今のこの時期だと2週間くらいは水はやらなくていいそうです
徒長を戻すには外に出して太陽をしっかり浴びせると治るみたいですが試してません
外に出して急激な変化で枯れるのが怖いのでそれならいっそ、そのまま元気に…とw

使っている土は確認したら、赤玉土と判明
ちょっと特別な物らしく、正直その赤玉も教えて欲しかったのだが
あまり突っ込んで聞けなかったので後々聞けるくらいの常連になってからということでw


黒いザラ窓
どうやらこの半透明の部分が"特美窓"という推測
d0195001_101287.jpg

多肉のこの独特の表現なんでしょうか
僕にはわかりませんが、非常に綺麗なのは確かですw


2010/12/06 "Green Note"さんにて購入。

----------------------------------------------------------------------------------
AQUA blog>>UNNATURAL AQUARIUM blogランキング>>にほんブログ村 花ブログ 観葉植物へにほんブログ村 花ブログ 水生植物へ
[PR]
by acidaqua2 | 2010-12-11 10:20 | +ハオルチア"Kegani×Obu"

Homalomena sp. from Mt.besar ♯1

本ブログでマウントベサールについて書いたのでこちらをご紹介
d0195001_3553173.jpg

Homalomena sp. from Mt.besar(var. red type)

ホマロメナ sp. マウントベサール産 レッドタイプ
名前の通り、ベサール山という山で採集されたものなんですね(なんとチープな説明)

画像は11月11日(サイズはM〜MLに該当)
購入して幾日も経っていないので大きさもそれほど変化はありません
前回のフミリスとの違いは葉の緑色が非常に濃く、若干黒っぽい
特に弄らずこちらも購入時のまま
使用されている用土は憶測ですが、廃ソイルに鹿沼土、あと色々
つまりよくわかりませんw

こちらの株は密閉した水槽に入れて腰水で管理しています
理由はそういう風に管理されていたのでいきなり常湿に出せないチキンだからですw
この時には本人も気付いていませんでしたが新芽が出ています


何回も言い過ぎて正直ウザいと思いますが…w
何といっても僕が声を大にして伝えたいこいつの魅力が
d0195001_3571664.jpg

光を当てたときの眩い葉の色味w
普通に見た状態でも十分渋くて格好良い植物ですが
上の写真と比較して同じ株とは思えない美しさ


もう裏葉とかも照らして撮っちゃう
d0195001_3585055.jpg

やっぱり赤い、うっとりします


照らしていない状態の裏葉
d0195001_41116.jpg

この赤さの理由は裏にある
ここの色味が強ければ強い程赤くなる




11月20日
d0195001_3474761.jpg

ニョキニョキっと出てきました、この瞬間もう歓喜
このクルクルしてる状態でも、とっても可愛いw(親バカ的な)


11月24日
d0195001_3463165.jpg

ジワジワ〜っと開いてたのが


翌日の11月25日
d0195001_3455578.jpg

一気に開いた


11月28日
d0195001_3454579.jpg

完全に開いた
写真の撮り方が下手なのでちゃんと正確に写せていませんが
実際の色味は透き通るような非常に綺麗な赤味です


12月1日の画像
d0195001_3452067.jpg

ツルツルとしてた状態から表面に産毛のようなものが
段々ビロードっぽくなってきました


ちょっと危険な場所に置いてますが撮影用ですw
d0195001_3451192.jpg

この赤い葉を見れるのは今だけだと思うので脳裏に刻むように毎日見ては身悶えていますw
これだけで幸せを感じるんだから非常にめでたい男です
ちょっとばっかし値は張りますがしっかり楽しんでるし、もう元は取ったかな?w


2010/11/04 "Natura"さんにて購入。

----------------------------------------------------------------------------------
AQUA blog>>UNNATURAL AQUARIUM blogランキング>>にほんブログ村 花ブログ 観葉植物へにほんブログ村 花ブログ 水生植物へ
[PR]
by acidaqua2 | 2010-12-03 05:37 | +Mt.besar


葉っぱ育成考察記


by acidaqua2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
【index-目次- /所有株】
■ピプトスパサ
+Ridleyi
■ホマロメナ
+humilis
+Mt.besar
+Annah Rais Padawan
+Sanggau Utara 緑葉赤軸
■スキスマトグロッティス
+multiflora Borneo
+sp.Kayulapis産
+cf. wallichii Melawi
■アグラオネマ
+Tricolor Nias
+Tricolor Burumanica
+Metalica
■ブセファランドラ
+Sekadau2
+Sekadau3 Wavy Leaf
+Motleyana Red-stem
■クリプトコリネ
+striolata Muarateweh
+dewitii
+cordata Sg Mawar Mer
+cf.nurii from Telang
+cf keei from Sg Betu
+ellipti Kulim産
■ゲスネリア
+Melawi
+sp.Nanga tayap
+sp."Kayu lapis"
■ジュエル オーキッド
+Macodes petola
■多肉植物
+ハオルチア レイトニー
+ハオルチア"Kegani×Obu"
■エアープランツ
+Vrieasea espinosae
■シダ,コケ類
+Pteridophyta シダsp.
+スーパーバードウィングファン
■雑記(育成関係)
■観葉植物

リンク

最新の記事

Agulaonema pic..
at 2011-12-10 00:05
Gesneriaceae s..
at 2011-12-09 20:32
Gesneriaceae s..
at 2011-10-29 20:02
Gesneriaceae s..
at 2011-10-28 00:48
Schismatoglott..
at 2011-09-30 02:17

以前の記事

2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

タグ

(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧